TENNIS OR BEER ?

テニス・飲み・泣き・音楽のお話を・・。

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

『晴れ→テニス○→ウィンブルドン→錦織圭→待って?』


暖かいね~、今日はポカポカ。
警戒して、厚着してコートに出たら汗ダラダラになっちゃたよ。


で、“ウィンブルドン”が??
82913770.jpg
『2009年のウィンブルドンは、新たな姿を見せる。全豪オープンに続きセンター・コートに屋根が取り付けられ、そのこけら落としとしてエキシビション大会を開催する。
5年もの月日を費やして計画されたこの改革は、来年やっとその全貌を現し、悪天候に悩まされ続けた同大会に革命を起こす。それに先駆けて行われるエキシビション大会には、4度のベスト4入りを達成した地元の名選手、T・ヘンマン(英国)の出場が濃厚とされる。
1万5千人が収容できるそのスタジアムでのエキシビションは、5月17日を開催予定としているため、その時期のレギュラー・シーズンは全仏オープン直前のクレー・シーズンと言うこともあり、現役選手の参加は難しいとされ、引退したかつての名選手へ声が掛けられている。
ウィンブルドン7度の優勝を誇るP・サンプラス(アメリカ)は、すでにその依頼を断っているらしく、かつてのチャンピオンのA・アガシ(アメリカ)やS・エドバーグ(スウェーデン)、J・マッケンロー(アメリカ)などが出場候補に上がっている。
ウィンブルドンの会場が、同大会以外で使用されるのは極めて異例で、特に神聖なセンター・コートをウィンブルドン本戦期間中以外に公開されることはこれまでなかった。国別対抗戦のデビス・カップでさえ、使用されることがなかったほど。
しかしそのエキシビションでは、空調施設のテストやBBC放送との音響設備のテストも兼ねているため、異例の開催となる。ウィンブルドン本戦の5週間前に予定されているため、不具合を発見しても本大会までに調整可能な時期に行われる模様。 』

・・・・・だそうです。
“ウィンブルドン”のオープニングマッチは。綺麗なコートで前年チャンピオンが、
じゃなくなっちゃうんだね。“ナダル”が可愛そうな気がするよ。

で、で、“錦織圭”が12月21日(日)夜10:00~“wowow”で??
p_081204_info.jpg
『2008年、日本中にその名を轟かせた18歳の錦織圭。スター不在と言われた日本男子テニス界は突如この一人の天才の出現により一躍注目を集めることになった。
今年の2月に日本男子史上2人目となるプロツアー優勝を果たした後、6月のウィンブルドンでグランドスラム本戦初出場、8月のオリンピックでは代表選出、そして全米オープンテニスではベスト16進出という歴史的快挙を果たし、数々の日本人最年少記録を塗り替えるとともに、プロ転向からわずか1年足らずの間に世界が注目する存在となった。
WOWOWでは今シーズンの錦織圭の活躍をハイライトで振り返るとともにジュニア時代からの映像や世界トップ選手の錦織評もあわせて紹介。そしてシーズンを終え活動拠点としているアメリカ・フロリダ州にあるニック・ボロテリー・テニスアカデミーでの錦織選手を徹底取材。さらに錦織圭をサポートする関係者のインタビューを通じて世界を目指す舞台裏を紹介する。
日本のみならず、世界中のテニスファンを虜にした空中から放つショット、流れるようなフットワークと多彩なショットはどのようにして生まれたのか?激動の一年を終えた後、18歳の少年は何を思うのか?錦織圭の活躍の軌跡と素顔に迫る。また、日本テニス界の歴史を変えた注目の試合3試合(対ブレイク戦【当時世界ランキング12位】、対ナダル戦【当時世界ランキング2位】、対フェレール戦【当時世界ランキング4位】)をフルマッチで再放送。お見逃しなく。』

・・・・・・だそうです。
地上波で、やれば良いのにね~。

流してる?????

待ってて、明日・・・・。


スポンサーサイト

category: テニス

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。