TENNIS OR BEER ?

テニス・飲み・泣き・音楽のお話を・・。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

久々の村上龍



少し前、読む本が無くなったので地元の古本屋に出掛けた。

歴史小説コーナーで、二冊本をチョイスしてレジに向かおうとした時、日本文学者コーナーで村上龍を見付けた。

何年読んでなかっただろうか。

学生の頃、誕生日プレゼントに“テニスボーイの憂鬱”を貰って読んでから、全作品を読みあさった。

村上龍の小説は、読み終わりが近づくのが寂しい。

“龍馬がいく”や“樅の木は残った”の後半部分の寂しさとは違う寂しさだ。

ハッピーエンドの作品でも、終わりが寂しい。


因みに一番読み返した作品は“愛と幻想のファシズム”。
好きなのは“69”。

そうそう、人生の大先輩に“69”をプレゼントした事がある。

人生の大先輩は『僕には面白さが判らない』と言っていた。

今度は“愛と幻想のファシズム”をプレゼントしてみようか?


気に入ってくれそうな気がする。






スポンサーサイト

category: テニス

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。